Canon EOS M2 バカ売れエントリーモデルのミラーレスデジタル一眼レフカメラ

2014.2.16|もろもろ Tips



こんにちは デジカメパパです。

バカ売れエントリーモデルのミラーレスデジタル一眼レフカメラ、
Canon EOS M2ですが、Canon EOS M2といえば、ガッキーこと新垣結衣さんや
「あまちゃん」で大ブレークした能年玲奈さん出演のCMで有名ですよね~

写真家の鶴巻育子さんもEOS M2トークショーをされていました

CP+2014(2/13)「写真家 鶴巻 育子が語る EOS M2と歩く街 」【キヤノン公式】
>>大きい画面


従来のコンパクトデジタルカメラの機能が、
スマートフォンに取って代わられたので、
コンパクトデジタルカメラも4Kの動画が撮れたり、
PowerShot G1X MarkⅡのようにデジタル一眼レフの中級機に
迫る勢いの性能を持ったりしてデジタルカメラの性能が
下の方から底上げされている感があります。

フルサイズのCMOSではプロやハイアマチュア向けのNiKon DFや
初級者から上級者までターゲットになり得る
SONY のミラーレスα7がバカ売れしているので
近い未来、現在の中級機のCMOSは全てフルサイズに
置き換わっていく予感がしています。

お店で聞いたらバカ売れ3機種のうちの
唯一のエントリーモデルはこの
ミラーレスデジタル一眼レフカメラ、
Canon EOS M2だそうです。

それもそのはず、DIGIC5 も搭載されて
同じキャノンの最新エントリーモデルのデジタル一眼レフ
Canon EOS X7i と遜色のない性能と本体の厚さも重さも約半分という
機動性の良さで、レンズも専用レンズからキャノンのプロ用レンズまで
全てが使用可能という魅力的な機能がてんこ盛りになっています。

そしてこのCanon EOS M2の使い勝手はとてもコンパクトなので
はっきり言ってデジタル一眼レフより
何倍も機動性に富んでいるように感じます。

ちょっと手元で軽くチョイチョイとレンズを
換えられる手軽さで高画質な写真が撮れてしまいます。

しかも最初のモデルではAFが遅いと言われていた弱点も
改善されて早くなり、ピントが合う範囲も数倍に広がって
性能が大幅に向上しています。

さらにすごいことに
トリプルレンズキットは
レンズが3本もついたセットなのに
Canon EOS X7i のレンズセットや
PowerShot G1X MarkⅡの価格よりも
安く設定されています。

ちょっとしたウェストバックに
全セットが収まるコンパクトさなので、
いつも連れて行って気の向くまま道端の猫や
景色を写したり・・

旅行にもちょうどよいですね。

欠点としては、動態追従性能と連写性能がデジタル一眼レフにはかないません。
いくらプロ用の大口径レンズを装着可能だとしても、
シャッターを押してしばらくはファインダーも液晶も
真っ暗になってしまうので、運動会や、はげしく動きまわる
子供、ペット、動物などを撮る用には作られていないためか、
少しばかり力不足な仕様になっています。


 >>EOS M2 カタログ



関連キーワード : デジカメパパ,Canon,EOS M2,バカ売れ,エントリーモデル,ミラーレス,デジタル一眼レフカメラ,一眼レフ,カメラ,CM,作例,仕様,ガッキー,新垣結衣,あまちゃん,能年玲奈,能年,新垣,向上,CM,花篇,うさぎ篇,コンパクトデジタルカメラ,スマートフォン,4K,動画,PowerShot G1X MarkⅡ,EOS X7i,魅力的,機能,てんこ盛り,NiKon DF,プロ,ハイアマチュア,SONY α7,CMOS,フルサイズ,機動性,AF,cmos,キヤノン,評価,ダブルレンズキット,トリプルレンズキット,ミラーレス,ミラーレスカメラ,レビュー,レフカメラ,一眼,価格,概要,向上,高画質,作例,性能,大幅,搭載



FX(外国為替証拠金取引)