素朴な疑問、ISOってなに?ISOの基礎知識

2014.1.26|初心者のための基礎知識


こんにちは デジカメパパです。

IMG_5822デジカメのISO(アイソまたはイソ)って、なんだと思いますか?実はフィルム感度の国際規格なんです。

右の写真の箱の左下の方にISO100って書いてありますよね?フィルムの頃からの人たちはクセでISOをその前の規格のアーサー(ASA)と読んでいる人もいます。

ちなみにその上の「デーライトタイプ」というのがおおまかなホワイトバランスです。
昔はフィルムごとにホワイトバランスが設定されていたのが分かります。

ISOはフィルムでもデジカメでも数字が大きくなるほど感光速度が早くなります。
また、画質はISOの数字が大きくなるほどフィルムは粒子が荒くなるのに対して、
デジカメではイメージセンサー(CMOS)の発熱によるノイズが多くなってくるほか、
双方の描写も平面的になってきます。

暗いところでも可能な限りISO設定は低い値に設定して使うと良い結果につながりますので、
必然的にレンズは最大絞り値が小さく、入ってくる光の量が多い明るいレンズであればあるほど
きれいな写真になることが分かります。

さらに星空を限りなくキレイに撮るには
中級機以上の機種が必要になってきます。


canon






NiKon








関連キーワード : カメラパパ,カメラ ISO デジタル,カメラ ISO フィルム,カメラ ISO 一眼,カメラ ISO 感度,カメラ ISO デジカメ,カメラ ISO,デジカメ ISO,ISO 感度,カメラのisoとは,カメラ ISO 基礎知識



この記事にコメント

*

トラックバックURL

FX(外国為替証拠金取引)