カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座について



こんにちは。デジカメパパです。

kouzaデジタルカメラにフィルムカメラ。
画像を映し出す先がイメージセンサーと
呼ばれる撮像素子か、フィルムかの違いだけで、
画像を投影する原則は全く変りません。

そんなせいか、今の時代になっても
細かい設定の基本も全く変わらないのが
カメラというものです。

そして、わたしが何年かけても理解できなかった
写真学習の盲点をあっさりと教えてくれた
「カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座」について
お話しようと思います。

ストックフォトにも出品させて頂いてますので、ロゴを入れましたが、
このひとたび一眼レフカメラの使いこなしを覚えてしまうと、
コンデジのレンズだろうと、フィルムカメラのレンズだろうと
性能的制限はあるものの使いこなしはみな同じことがわかるようになります。

実際に覚えた使いこなし術を使って
コンデジとフィルムで撮った写真たちです。

コンパクトデジタルの Canon Powershot G9 で撮った画像です。
landveiw001landveiw002

landveiw003landveiw004

landveiw008landveiw006landveiw005




Canon EOS 1N とCONTAX T3 (どちらもフィルム)で撮った画像です。
portrate002portrate001

nemunemuyouitata

※写真をクリックすると拡大します


>>「カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座」レビューページ



一眼レフカメラの理解が驚くほど簡単!

一眼レフにアップグレードしたい、
あるいは一眼レフは買ってみたけれど、

思ったような写真が撮れない

カメラの設定が難しそう

カメラのあっちこっちに
ボタンやダイヤルがあって使いにくい

って、思ったことはありませんか?

考えてみると、カメラに付いている主要な機能は
絞りとシャッタースピードとISO位なもので、
実にシンプルなものです。

ピントはオートフォーカスで自動化されてるし、絞り優先モードにしておけば、
ISOとシャッタースピードはカメラが自動で決めてくれるので実は簡単に操作するために
ボタンやダイヤルをつけたら返ってややこしくなったのが実情かもしれないですね!


最初はカメラの使い方そのものがわからないので、
雑誌や本などを見て勉強したりしましたが、
情報が多くてなかなか頭に入ってきませんでした。


私もそうでしたが雑誌や本に書いてあるカメラの設定や機能は
撮影のポイントはすべてピンポイントなので、書いてあることを
1つずつ試して追体験しないと実感もわかないし、

自分で本のとおりに設定しておいて、
なぜそうする必要があるのかさえワケワカメだったのが
身につかなかった理由です。


さらに独学となれば、今していることが失敗につながるか
どうかもわからない状態で正しい確証もないまま
いろいろと模索することになって
結局、時間と労力がかかってしまい、ついには力尽きて
あきらめることにもつながりかねないですよね。


ぶっちゃけそこの所を、
「カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座」が
全て解決してくれました!


なぜならピンポイントだった知識を
動画を使って線でつなげてくれて、
一貫した基礎知識が身につくので、
今まで頭の中でモヤモヤしてたことがスッキリ
整理整頓、体系化して理解できるようになったからです。


この講座でわかったことは、写真は構図のセオリーと
レンズのセオリーに従った上で、カメラ本体のたった3つの機能を使いこなせば
プロ顔負けの写真が撮れてしまうということには驚きました。


どうやら書道や華道、茶道や武道のように写真にも
“型”があって、ひとたび覚えてしまえば
どうにでも応用が効くようになります。


結果、写真家の写真と撮影データを見ながら
どういう状況でどのように撮影してのかが
推測できるようにもなりましたし、今から撮る写真をどうやれば
思い通りに撮れるかも直感で何通りも推測できるようになりました。


なんといっても、フィルムカメラにも通じる知識を
こんなにわかりやすく教えてくれる教材は初めてでした。



「カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座」ってどんな教材?


「カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座」は、次のような方に選ばれている、
カメラの基礎~上級講座です。

  • キレイな写真を撮りたいけど、カメラの設定がよくわからない。
  • 今まで雑誌や講座などで勉強してみたけど挫折してしまった。
  • カメラの経験が超初心者~中級者の方。
  • 撮影しながら自由自在に設定したい。
  • キレイで高品質な写真を撮影したい。
  • 撮影した写真を少ない時間で簡単にアップロードしたい。
  • 見る人の心に訴えかける、プロのような写真を撮りたい。
  • コンテストに入賞したい
  • コンパクトデジタルから一眼レフにステップアップしたい
  • 心に残る風景や家族の記念をキレイな写真として残したい
  • ストックフォトにアップロードしてお小遣いを稼ぎたい

この他、一眼レフカメラを短時間で覚えたい方、
フォトブック作成等、現在も幅広い年齢層の人に
支持され選ばれ続けているのが何故なのか。

独学で何冊も本を買って理解するよりも、動画を交えてわかりやすく
解説してあるので初めて一眼レフカメラを覚える人の入門ソフトとしても最適です!


一眼レフカメラの近道をしながらザーッとひと通り全体が見渡せるので、
きっと中級者の方も目の前が開けて写真も格段に変わっていくこと請け合いだと思います。



この上達講座が選ばれ魅了され続けているポイント


「カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座」の最大の利点

   なんといってもサポートとして30日間(延長可能)プロのアドバイスがメールで
   受けられるので、撮影に先立って、必要な準備が的確に可能ということに
   尽きると思います。

   未来の撮影状況の変化をプロが予測してあらかじめアドバイスしてくれたり、
   どう撮ったらよいかわからない時に相談しても的確なアドバイスがいただけるので、
   本当に助かります。

   ちょっとした疑問でも、全て答えてくれるので
   上達の近道を進むようなものですね。

   ・子供の写真や風景写真をもっとうまく撮りたい
   ・カメラの使い方を上達したい
   ・思ったとおりに撮影できるようになりたい

   というあなたならこの教材を補助として始めたとしても、始まった途端に
   すぐに実践したくなってうずうずしてくることとと思います。

   今ならキヤンペーン価格だそうなので、購入予定の方は
   今のうちです。


>>「カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座」レビューページ



FX(外国為替証拠金取引)